おすすめのダイエット

ダイエットするならどんなダイエットがよいでしょうか?色々な方法をご紹介しますので、あなたに合ったダイエットを見つけ出してください。
MENU

ダイエットのためとはいっても・・・

 

 

減量に力を入れている女性は多いですが、食事内容を改善することと、積極的に体を動かすことが減量のベースになります。40代、50代の女性でもダイエットを気にかける女性が多いことが、最近の風潮であるとも言われています。

 

最近は、男性でも健康のためにダイエットをしている方が多いですが、女性のほうが減量をする人は多いようです。力を入れてダイエットをしているのは女性だとしても、男性の方がダイエットがうまくいきやすいようです。女性の体質と比較すると、男性の体質のほうがダイエットの効果が得やすくなっているのがその理由です。

 

女性の身体は、男性よりも皮下脂肪の割合が多くなりがちです。脂肪や筋肉の付き方が違うので、減量効果の出方が違います。筋肉の付き方が、女性よりも男性のほうが多いことから、運動によって消費され、生み出されるエネルギーの量は男性のほうが多いのです。

 

筋肉量でいえば、女性の身体のほうが筋肉が少なく、脂肪を燃やしづらくなっているので、減量がやりづらいというわけです。体に筋肉をつけて、基礎代謝を高くしておけば、食事から得るカロリーの量が多くなっても、使い切ることができます。減量に適した体になるためには、脂肪を燃やすことだけを考えるのではなく、筋肉を増やして減量効率を高めるようにしましょう。

 

ダイエットのためとはいっても、筋肉をつける運動と聞くと辛くて難しい運動を思い浮かべる人もいますが、そういうわけではありません。体脂肪を燃焼しやすい体にするために、適度に筋肉に負荷のかかるような筋トレをして、全身の筋肉に刺激を与えることが重要になります。

健康的にダイエット

長期にわたって取り組むことが、ダイエットを成し遂げるためには重要です。体重を減量したいと思い立ってダイエットを始めた場合、最初の数キロはすぐに体重が落ちますが、そのあとは同じように停滞時期に入ってしまいます。

 

ダイエットをしている時に重要なものは、体重の減りがゆっくりになった時に、いかにしてモチベーションを維持することができるかです。減量をして健康増進をはかりたいという時でも、ダイエットのやり過ぎで具合を悪くしてしまうことがあります。ちょっとずつ減量を進めていくことができれば、身体に負荷をかけずにダイエットを成功させることができるでしょう。

 

時には同じようにダイエットを行っていても、体重が増えてしまうことがあるかもしれません。こまめに体重計に乗って、自分の体重を把握するのは悪いことではないですが、結果に振り回されないように注意しましょう。多少の停滞期やリバウンドはダイエット中には必ずあるものなので、もっと長い期間で減量していくことが大切です。

 

ダイエットを続ける時は、少々の体重増加も誤差の範囲内と思うくらいがちょうどいいものです。体重が減ることを第一に考えるのではなく、健康面に配慮した、身体に無理のかからないダイエットをするようにしましょう。

 

カロリー制限だけでダイエットをしようとすると、身体に負荷が大きく、栄養不足になる可能性もあります。適度な運動を行い、筋肉量を増やして体脂肪を燃焼しやすい身体作りによって、健康的に減量できるようになります。

このページの先頭へ